夏の夜初めての系統・その後

忘れないように書き残していたものを見ればそれはもう7年前のことになる。その年の夏のはじめ、朝まで遊んだ帰り道私は自転車が撤去されていることに気がつく。その時は眠すぎてまぁいいやと思い一旦家に帰りそのまま爆睡、夜はバイトの予定があったが取りに行く暇もなく(言わずもがな家を出る時間のギリギリまで寝ていた)、いつもは12時閉店1時くらいあがりのところ終バスに間に合うように、とその日は夜11時ごろにはあがらせてもらって、着替えて急いで調べた通りのバスに乗る。

初めて乗る系統のバス。

中心街から乗り込んだため時刻の割に乗客はわりと沢山、すこし狭い。ただ私は当時北の方に住んでいたので、彼らが道中どんどん降りていくことを知っている。このため今の狭さだってすぐに収まる。びくともしない。案の定、空きができ始め、私が降りるバス停まではまだ時間があるので最近買った本を鞄から出す。読みながら、バスに身体を預けようと思ったのもつかの間、車体が突如ぴたりと止まりバスの運転手さんが一言。

 

ここで終点となります。

 

開いた本をあわてて閉じる。え?どういうこと?

その瞬間ゾロゾロと降りて行く他の乗客の様子にひとまずついて行くが、頭はまだ納得いかない。それと同時に、運転手さんにこのバスは何処そこへは止まらんのかね、と訪ねるおばあちゃんの声が車内で響く。

すみませんがこの系統の終バスはこの地点までしかいかないようになってるんです。説明する運転手さん。

今思えばあるあるの京都終バスの落とし穴。それは見落としたおばあちゃんと私が悪いわなぁ。

そのままおばあちゃんが聞いていたことには、もう少し先に行くと、またお金はかかっちゃうんですけどそちらの方面のバスがまだ残ってますから、とのことでそれは偶然私も行きたかった方面だった。その当時タクシーに乗るなんて学生身分の私には想像もつかないことで、何より二度かかるバス代だって惜しいくらいだ。

仕方なくそのおばあちゃんの後につき、そのバス停に向かい表示を見る。

 

そのバス停の終バス:23時19分くらい
その表示を見た時の時間:23時27分くらい

 

こりゃあ、何が何だかわからなくなってきたぞ。そこで、ようやくその場を見渡すと、左には先のおばあちゃん、そして右にはいつからいたのか、見知らぬ大学生風の男の子2人が立っていた。

4人の気持ちはきっと、というか当たり前だが夜も遅いしとにかく早く家に帰りたい。この意見に一致していたに違いない。

そこで思わず私は双方に声をかける。もしかして帰る方向一緒じゃないですか?さっきの終バス、自分たちの行きたい場所でとまると思いましたよね?頷く3つの顔。あ、やっぱりそうですよねアハハ、結構目的地まで遠いんですけどこれからどうします?

 

そこでしびれを切らしたのがおばあちゃん、わしゃもうタクシーで帰ろうと思っとるんでよかったらみんなで乗って帰らないかと。えっいいんですかおばあちゃん、言い終わる前に彼女の手はタクシーを止めさぁ早く乗んな乗んなと私達を促す。走り出すタクシー、車内ではあんた達まだ学生だろう、お金は置いとくからお兄ちゃんこの子達を連れてってくれないかと告げるおばあちゃんの声。2度目のえっいいんですかの声も聞かず、彼女は颯爽と扉を閉めひとり先に帰路につく。

 

さて残された私と2人の大学生はどうやら全く同じバス停で降りたかったことが判明し、その場所まで一緒にタクシーで向かうことにした。

道中話したことには、2人はどうやら2回生のようで(私は当時1回生の18歳)1人は千葉から遊びに来たから名前は千葉としよう、もう1人は徳島から京都の大学に入り今はこっちでひとり暮らしをしている、こちらもそのまま名前は徳島とする。そんな千葉徳島と他愛もない話をしているうちにあっという間にタクシーは目的地へ、ちなみにお金もほとんどぴったりと足りて本当におばあちゃんありがとう、と思いながら3人はタクシーを降りる。

降りてみて、さてこの後どうしよっかなんていう関係でもない、そういえばさっき知り合ったばかりだけれど、なんだか名残惜しくなったのは私だけではない、となんだか思いたくなってしまって、夏だから、という理由で私は彼らにせっかくだから花火しませんか、と何がせっかくなのか全くわからないのだけどせっかくだから持ちかけた。

すると千葉ボーイは適当な身振りでおっいいねぇ、なんて言うから徳島ボーイはえっ、マジかよと驚いて言い、気がついたら私達は近くの大きな公園で花火の袋をガサゴソとあけていた。

 

花火をしながら話したことなどを当時の私はこのように綴っています。

 

ちなみに花火は千葉が買ってくれました。

千葉と徳島は幼稚園からの幼なじみだとか

わたしはやはり性別がないらしいとか

山田っぽいなお前とか

え、手話サークルとかかっこいいな!とか

理工学部はやっぱどこでも男ばっかとか

こういう夏の夜っていいよねとか。

話しながら花火はどんどん 終わってしまいました。

最後の線香花火が切なくて蚊に食われたこととかどーでもよくなって。

千葉が帰ろうか、と言って

公園の出口に向かって歩いていきました。

帰り道、 あとから実は二人は 諸々の理由で21歳ということが発覚しました。

諸々を忘れたけど。(笑)

と、いうか名前も聞いたけど忘れたな。

今では顔もよくわからない。

もちろん連絡先も交換とかしてないし、

最後ありがとう、といって

解散したことだけ頭に残っているのだ。

もしかしたら夢かもしれない。(笑)

そうなのかなあ。

でも確かに今私の足は蚊にさされた後が残ってて、

火薬の匂いがなんかちょっとしたから

きっとこーいうのを一期一会なんだと思った。

思ったんだよね。

実は最近、引っ越しの準備をしている時に昔使用していたデジカメが出てきて、確かこの花火の時これで写真を撮ったような、と思い出しメモリーを見ていたのだが、なんとも綺麗に2人の顔は首から上見切れていた。

花火の写真だけが2、3枚残っているだけ。

 

でもあの日公園から家に帰る時、なんだかとてつもなく切なかったことをおぼえている。

 

元気ですか?私は元気です。

やっぱり2人の名前も顔も思い出せないけど。

それでもこれはほんとうの話。